読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Kokone-works

好き放題に、「お酒を飲んだ勢いで」。 サークル活動、はじめました。「ここだけネバーランド」というサークルの主催です。 

サウスパーク「Make Love, Not Warcraft」

SAOシーズン2放送中ってことで、こいつを紹介しないとですね。ちなみにエミー賞受賞作品。

 サウスパーク。スタン、カイル、ケニー、カートマンのいつもの4人をはじめとする小学校の面々は『ウォークラフト』というネトゲに大ハマリ。小学校組でギルド*1を組んでプレイしていたものの、キルプレイヤー*2に襲われあえなく全滅させられてしまう。

 そして、『ウォークラフト』の開発チームはというと、設計ミスでこのキルプレイヤーに歯止めをかけることができず悩まされていた。

 そんな中、スタンの父親・ランディもスタンとコミュニケーションをとるべく『ウォークラフト』に手を出したが、遊んでいる最中に例のキルプレイヤーにアバターを殺されてしまう。

 「このままじゃ『ウォークラフト』を楽しめない!」と思ったいつもの4人は、キルプレイヤーを倒すべく、レベル1の狩場で経験値を寝る間も遊びも惜しんでひたすらコツコツため続けた。そして、ニキビだらけのデブ体系に成り果てて、自分一人ではもはやトイレにすら行けなくなった。4人以外の小学校のみんなは、もはや『ウォークラフト』に完全に飽きていた。

 時が満ちて、キルプレイヤーに挑まんとする4人。その行動は、『ウォークラフト』開発本社の耳にも届いていた。
 キルプレイヤーを倒すレアアイテムを渡すべく開発本社は4人に接触を試みるが、キルプレイヤーの廃人に感づかれないようにアイテムを渡さねばならない。その方法をさぐるべくサウスパークへとわたる。一方4人はキルプレイヤーに善戦するも、追い詰められてしまう。

 サウスパークに到着した『ウォークラフト』の開発本社は、ランディに接触。彼のアカウントを通じてスタンにアイテムを渡そうと試みる。ランディたちは町中の回線という回線を探し回りスーパーマーケットからログイン、とうとう4人を発見。そしてランディはキルプレイヤーにあえなく一撃をもらい、開発本社から託されたアイテムをスタンに渡すと息絶える。

 アイテムでキルプレイヤーを撃破したスタン達。こうしてすべては終わった。これから4人たちは、ようやく解放された遊び場で、思う存分廃人まっしぐらに『ウォークラフト』を駆けるのだった。

(アメリカのサウス公式で本編のフル視聴が可能です。以下リンク) http://southpark.cc.com/full-episodes/s10e08-make-love-not-warcraft

 

*1:ネトゲ内でのプレイヤーの徒党

*2:ネトゲにおけるプレイヤー殺し。本作はなんとリアルではヒキコモリのネトゲ廃人